自己破産する前に借金問題を解決する

多額の借金をして返済できない場合に選択する自己破産について紹介させていただいています

Category: 未分類

自己破産の疑問

Pocket

自己破産を選択する上で、あらかじめ知っておきたいこともたくさんあると思いますが、不安なことなどは事前に弁護士に相談をしておきましょう。相談は通常無料となっているので、お金に関して気にする必要はありません。そこでよく行われている質問をいくつか取り上げてみたいと思いますが、自己破産を行ったからと言って、全ての財産を没収されるというわけではありません。

生活に必要な最低限の物は残してもらうことが可能です。また、公的制度を受ける上で、不利になってしまうこともありません。年金も普通に受け取れますし、場合によっては生活保護も受けられるのですが、生活保護は日本人の場合には、自己破産していなくてもかなり受けるのが難しいと言えるでしょう。また、家族や身内の財産まで没収されるようなこともありません。

ただし、身内の誰かが保証人になっている場合や、車などを家族で利用している場合には、当然影響を受けてしまうことになるでしょう。よく言われているのが選挙権の剥奪ですが、自己破産をしたからと言って、選挙権が剥奪されてしまうことはありません。選挙に立候補することも可能ですし、投票することも可能になっているので、この件に関しては一切心配する必要はないでしょう。

欠点が多い自己破産

Pocket

債務整理を行う際に、最終手段として用いられる自己破産ですが、なぜ最終手段と言われているのかというと、メリットよりもデメリットの方がたくさんあるからです。最も一般的である任意整理の場合には、デメリットよりもメリットの方が多くなっているので、できれば任意整理で何とか解決できる状態で弁護士に相談をしてみるべきでしょう。では、自己破産をすることでどのようなデメリットがあるのでしょうか。

そもそも自己破産の最大にして唯一のメリットは、借金が帳消しになることです。しかし、税金に関しては、帳消しになることはありません。何が何でも政治家は日本国民から税金を徴収する気満々なので、どれだけ生活に困っていても、税金はいつか支払わないといけないのです。また、生活をしていく上で必要不可欠な物以外の高価な資産に関しては、全て没収されてしまいます。

一部の職業については、就職できなくなってしまう上に、官報に個人情報を記載されてしまうなどのデメリットもあるのです。ただし、借金の催促がなくなることや、また1からスタートできるなどのメリットもあるので、自己破産を選択する人もいるのですが、安易に選択するべきことではありません。もうどうにもならない場合にのみ行う方法なのです。

借金が返せない

Pocket

政治家の悪政によってどんどん増税され、物価高で不景気な時代が続いている現在では、多額の借金をして返済できないという人も増えているでしょう。もしこのような事態になった場合には、どのようにして借金の返済を行えばよいのでしょうか。まずは債務整理を行うために、信頼できる弁護士に相談をしてみるべきです。通常返済できない借金を抱えている場合には、自己破産という方法を選択するようになるのですが、別の方法で解決できるかもしれません。

しかし、どうしても返済できる見込みがない場合には、自己破産という選択肢しかなくなってしまうこともあるでしょう。そこで自己破産について触れてみたいと思いますが、あくまで自己破産というのは最終手段です。できれば任意整理や民事再生、個人再生という方法で借金の返済ができないか、弁護士に相談をしてみるべきでしょう。また、借金が酷くなる前に、対策を練っておかないといけません。特に数百万や数千万を超えるような借金はしないように注意しましょう。

このような多額な借金をしてしまうと、どうしても自己破産をしなければいけなくなってしまうので、まずは最初に借りた借金が返済できなくなってしまった時点で、弁護士に相談をしてみるべきです。そうすれば自己破産まで行かなくても解決できる可能性が高くなるので、相談するタイミングを知っておく必要もあるでしょう。当サイトでは多額の借金をして返済できない場合に選択する自己破産について紹介させていただいています。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén