Pocket

自己破産を選択する上で、あらかじめ知っておきたいこともたくさんあると思いますが、不安なことなどは事前に弁護士に相談をしておきましょう。相談は通常無料となっているので、お金に関して気にする必要はありません。そこでよく行われている質問をいくつか取り上げてみたいと思いますが、自己破産を行ったからと言って、全ての財産を没収されるというわけではありません。

生活に必要な最低限の物は残してもらうことが可能です。また、公的制度を受ける上で、不利になってしまうこともありません。年金も普通に受け取れますし、場合によっては生活保護も受けられるのですが、生活保護は日本人の場合には、自己破産していなくてもかなり受けるのが難しいと言えるでしょう。また、家族や身内の財産まで没収されるようなこともありません。

ただし、身内の誰かが保証人になっている場合や、車などを家族で利用している場合には、当然影響を受けてしまうことになるでしょう。よく言われているのが選挙権の剥奪ですが、自己破産をしたからと言って、選挙権が剥奪されてしまうことはありません。選挙に立候補することも可能ですし、投票することも可能になっているので、この件に関しては一切心配する必要はないでしょう。