Pocket

債務整理を行う際に、最終手段として用いられる自己破産ですが、なぜ最終手段と言われているのかというと、メリットよりもデメリットの方がたくさんあるからです。最も一般的である任意整理の場合には、デメリットよりもメリットの方が多くなっているので、できれば任意整理で何とか解決できる状態で弁護士に相談をしてみるべきでしょう。では、自己破産をすることでどのようなデメリットがあるのでしょうか。

そもそも自己破産の最大にして唯一のメリットは、借金が帳消しになることです。しかし、税金に関しては、帳消しになることはありません。何が何でも政治家は日本国民から税金を徴収する気満々なので、どれだけ生活に困っていても、税金はいつか支払わないといけないのです。また、生活をしていく上で必要不可欠な物以外の高価な資産に関しては、全て没収されてしまいます。

一部の職業については、就職できなくなってしまう上に、官報に個人情報を記載されてしまうなどのデメリットもあるのです。ただし、借金の催促がなくなることや、また1からスタートできるなどのメリットもあるので、自己破産を選択する人もいるのですが、安易に選択するべきことではありません。もうどうにもならない場合にのみ行う方法なのです。